まだ間に合う!2024年引越し問題もリロで解決!

「物流の2024年問題」とは

ドライバーの年間時間外労働時間の上限が960時間までに抑制されます。

稼働時間が制限されるため、配送量が減少します。

予定通り引越し出来ない。

従業員を「引越し難民」にしないために

長距離引越しは更に手配困難に

慢性的な人員の不足が叫ばれている運送業界ですが、2024年4月から働き方改革関連法に基づき、時間外労働について年960時間(休日労働含まず)の上限が適用されます。

併せて、厚生労働省がトラックドライバーの拘束時間を定めた「改善基準告示」(※厚生労働省のHPに遷移します。)により、拘束時間等の順守が強く求められます。

それに伴い、更に長距離輸送の人員確保が難しくなると予想されます。

可能なら繁忙期を避ける

例年、3、4、9、10月の時期は引越しが集中します。

それに加えて、「物流の2024年問題」により、2023年よりも更に引越し業者を手配することが困難になると見込まれます。

手段の一つとして、早めの業者手配もしくは混雑期を外した引越しを検討する必要があります。

「リロネット」は転勤者の物件探し・引越しをサポートします

また、違う手段として物件探しそれに伴う引越し手配を、外部に委託する方法があります。

「リロネット」は転勤者の異動ニーズに合わせた物件探しから、引越しまでトータルサポートいたします。

従業員を引越し難民にしないためにも、是非、リロネットのご利用をご検討ください。

お役立ち資料

物流の2024年問題の概要と社宅引越しへの影響

「物流」と言う経済の大動脈に大きな影響を及ぼす「物流の2024年問題」が無関係な業界は存在しません。
2024年4月1日以降、引越しを伴う異動にも多大な影響が発生します。
本資料では「物流の2024年問題」の概要と現在想定される引越しへの影響を紹介しています。

よくあるご相談

・料金表の価格が20~30%値上げとなる旨、引越し会社から申入れを受けた。

・これまで相見積運用を行っていたが、相見積もり運用を断られ、引越しフローの見直しを迫られた。

・引越し難民が発生した期間のホテルの手配・追加料金がどの程度発生するか分からない。

・引越し手配に加え、36協定への対応や業務効率化が課題となっているが、何から手をつけたらよいか分からない。

                                                   など

2024年の引越しに関するお困りごと・不安ごとをお聞かせください

※こちらのフォームは現在、弊社サービスをご利用いただいていない社宅担当者様向けのお問い合わせ窓口となっております。
既に弊社サービスをご利用いただいている企業様につきましては、リロネットよりお問い合わせください。

会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。