社宅について学ぶ

社宅とは? 種類や契約などの基本情報について解説

社宅は少子高齢化が進む日本において、求人募集の際に福利厚生の充実度をアピールできます。また、競合他社との差別化を図り、優秀な人材を確保する目的でも取り入れられています。 社宅制度を導入しようと検討している企業の担当者のなかには、社宅の種類や管理業務内容について詳しく知らないという方もいるのではないでしょうか。 この記事では、社宅の種類や原状回復負担、規程のつくり方など、社宅に関する基本的な情報をまとめて紹介します。

記事を見る

社宅管理代行サービスを導入する流れを解説

福利厚生の一環として導入されている社宅制度には、管理業務の煩雑な作業に追われて、担当者のリソースを圧迫してしまうという問題点があります。 社宅管理担当者の業務負荷を軽減して、リソースを確保するには、“社宅管理代行サービス”の導入が挙げられます。 しかし、導入を検討しているものの「どのような流れで導入するのか分からない」「管理会社の選び方が分からない」といった不安を感じている担当者の方もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、社宅管理代行サービスを導入するまでの流れを詳しく解説します。

記事を見る

社宅の更新料は会社負担? 更新の種類や更新料の地域差について解説

賃貸物件の更新料とは、通常の家賃とは別に大家さんに支払う手数料のことです。法律で支払い義務はありませんが、賃貸借契約書に更新料についての記載がある場合は、支払いが必要です。 しかし、社宅の更新料は「会社と従業員のどちらが支払うのか」と悩んでいる担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、社宅の更新料は会社と従業員のどちらが負担するのか、更新の種類や更新料の地域差について解説します。

記事を見る

借り上げ社宅のメリットと社有社宅との違いを詳しく解説

会社の福利厚生の一環である社宅制度には、大きく“借り上げ社宅(借上社宅)”と“社有社宅”の2種類があります。 社宅制度は採用活動でアピールポイントとなり、従業員の満足度向上も期待できる制度です。しかし、それぞれの仕組みや特徴を把握していなければ適切な運用は困難といえます。 この記事では、借り上げ社宅の基本概要やメリット、社有社宅との違いについて解説します。

記事を見る

【社宅制度】社宅の種類や寮との違いを解説

社宅制度は、従業員の家賃負担の軽減や企業の節税対策ができる福利厚生として注目を集めています。そのため、社宅制度を導入している企業や利用している従業員も少なくありません。 しかし、社宅制度の導入を検討しながら、「どういった種類があるか詳しく知らない」「寮との違いは何だろう」と疑問を持つ担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、社宅の種類と特徴をはじめ、寮・宿舎・給与住宅との違いについて解説します。

記事を見る

CONTACT

今の社宅運用体制に
満足ですか?
社宅管理の改善はリロにお任せください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
社宅管理に関するお役立ち資料は
こちらから

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧