株式会社リビングハウス様
導入事例

株式会社リビングハウス様 導入事例

株式会社リビングハウス 

事業部名:経営管理本部 コーポレート部
担当者名:森様、浅田様
業種:家具小売業
従業員数:225名(2024年2月末現在・パート・アルバイト含む)
株式会社リビングハウスについて:
「心ひろがる世界に住もう。」をコンセプトに全国で36店舗を展開
する創業80年の家具・インテリアショップです。
導入の背景

新店舗出店に伴う転勤者増加と社員満足度向上の観点から、手当支給運用を借上げ社宅制度への変更を検討。社宅業務の手間削減・効率化のため社宅代行会社を比較。

導入の決め手 希望の運用開始日を伝えた際に、逆算した導入プロセスに沿って、迅速に提案してくれたことが決め手。導入後の不明点を漏れなく解消できる仕組みと、親身に相談に乗ってくれる手厚いサポートも安心。
導入前の課題 専門性のある業務、社員の費用立替え、上司への確認業務の多さ、個別説明会の実施、転勤者の増加など。
導入後の効果 導入により社宅業務の工数削減、従業員の負担軽減、効率的な業務進行が実現。

Q1.貴社の特徴について教えてください。

森様:
家具は頻繁に買うものではないですが、購入するのはハレの日や結婚・新居を購入する時に出会うものだと思います。華やかな会社でもあるし、若い社員が多いです。店舗のデザイナーは20代が多く、会社は創業80周年を迎えましたが、若く伸び盛りな会社です。
浅田様:
確かに、若くてスピード感があります。「未知案内」をバリュープロポジションとしており、働いている私たちもたくさんの新しい業務を経験できる環境であると感じながら、日々、業務を行っております。

Q2.担当者様の主な業務内容や部署での役割などを教えてください。

森様:
当社は家具の販売を事業としており、全国にパートナーショップを含めて36店舗展開しています。一部、
B to Bの取引もあり、モデルルームやホテルのコーディネートも手掛けています。大きく営業部門と管理部門に分かれており、私たちは管理部門に所属しています。管理部門の中に人事・労務を担当するHRサポート部と総務・経理を担当するコーポレート部があります。
浅田様:
当初、導入準備をしている時はコーポレートの総務業務を担当しておりました。2023年6月にHRサポート部へ異動となり、労務関係の仕事と合わせて社宅業務にも携わっています。社長秘書も兼務しております。

Q3.会社における部署のミッションや注力している取り組みがあれば教えてください。

森様:
部署の役割は社内規程・規則などの策定と運用、社内システムの整備を行うことです。社員が安心して業務を実施できる環境を整備することが部署のミッションであると考えています。

Q4.サービスご利用前のお悩みや課題が御座いましたら教えてください。

浅田様:
契約書・重要事項説明書の内容を難しく感じることもあり、また、不動産会社や地域ごとの取引慣習の違いもあることから、社員も私自身も社内規程と照らして合致しているか判断がつかず、、都度上司に相談していました。相談する回数が非常に多く、社内規程と照らして合致しているか判断がつかず、
社員には、物件契約や引越手配にかかる費用を立替・精算する必要がある他、内示から異動までのタイトな時間の中で、物件選定・引越業者の手配・引越作業など、業務負荷をかけてしまっていました。
森様:
私が入社した頃は約20店舗でしたが3年間で10店舗ほど、増えました。福岡県・愛知県など、新たな地域にも出店を行っていますが、地域による違いを考慮して判断することにも苦労しました。
また、異動が急に決まることがあり、異動までの期間も短いため、社員本人もバタバタします。既存の店舗に異動の方は、現地社員がサポートすることもできますが、新しい地域への出店となると、馴染みのない地域で一から住まい探しをする苦労も異動社員に課していたと考えています。

Q5.「リロの社宅管理」を導入した目的を教えてください。

森様:
異動に伴う事務手続きの負荷を軽減するため、社宅アウトソーシングの導入を検討し始めました。担当者は遅くまで残業して対応をしていたこと、異動する店舗デザイナーは営業時間中に事務手続きを行うことは難しく、コミュニケーションにタイムラグが生じるのも何とかしたいと考えたこともきっかけとなりました。
浅田様:
異動が決まると、異動する社員に対して、規程の説明や費用に関する説明を行います。質疑のなかで、現住居の解約費用が心配という相談を多く受けました。また、一人一人個別に説明をおこなう中で、規程の内容が十分か、一般的かどうかの判断もできなかったため、社外のノウハウを活用したいと考えました。

Q6.「リロの社宅管理」を選んだ決め手を教えてください。

森様:
弊社には社宅の概念がなく、お部屋探しのプロでもないので、どのように手間を減らすか考えた時に、社内のノウハウやリソースだけでは埒が明かないなと思いました。また、専門性が必要な業務であるということを社内で説明し、2022年10月に検討が始まりました。4月の新卒入社時に合わせて3月の運用構築に向けて複数社にメールを送り、お声がけをさせていただきました。運用開始日をお伝えして、スケジュールを確認し、御社だったら期日までの運用開始が可能と考えたのが決め手です。
浅田様:
運用開始までに、多くの事項を決めないといけないと認識していました。ご提案でたくさん事項を決めていけないといけないことを説明くださり、安心しました。
他の代行会社ともお話しをさせていただきましたが、多くの取決め事項を一個一個すり合わせていくプロセスがあることが、安心でよかったです。

Q7.実際にサービスを利用して得たいと思う期待や得られた効果を教えてください。

森様:
営業担当者の方のスピード感が良かったこと。御社で導入すると決定した後、たくさんのヒアリング項目に対して、手厚くサポートいただきながら打ち合わせを進めることができました。
浅田様:
プロの方にサポートいただきながら規程を作り込んでいけたことが安心でした。
例えば、社員に退去時費用の交渉を任せており、妥当性の判断に迷うことが多々ありましたが、手続きを明確化できたことで、スムーズに判断を行うことができるようになりました。
特に導入担当者の方に感動しました。短い期間の中で、規程の判断する時は何を基準に判断したら良いですかという相談事に対しても、的確に時間内に収まるような形で回答くださりました。次回までの宿題になったことも持ち帰り事項という管理を行い、漏れなく不明点の解消が出来たので、導入担当者の方の経験、情報量と対応力に驚かされました。仕事の進め方の部分でも勉強になりました。
社宅制度導入の結果、工数は非常に削減されたと思います。私が上司に相談する回数が減りました。また、異動に際して、社員に行っていた説明に関しても、ご提供を頂きましたリロネットのマニュアル等を事前に配布することで、説明の時間が大幅に短縮するとともに必要な事項の伝達がスムーズに行えるようになったと感じています。実際、社員からの問い合わせも大幅に減りました。本人の費用負担もなくなり、精算をする手間もなくなったのでスムーズになりました。
運用開始後に、導入時の策定したルールを変更することがあったのですが、ご相談させていただいて、提案もいただけたので導入後もきちんとサポートしていただけたことがありがたかったです。

Q8. 社宅制度、社宅運用をどのようにしていきたいか、弊社サービスがどのように貢献できるか、また希望を教えてください。

浅田様:
今回新たに社宅制度を作りましたが、日々情勢が変わる中でより実態に沿った運用へ変更できるよう情報提供やサポート、判断に必要な材料をいただけると助かるなと思います。
森様:
新しい制度を利用した社員の声として、今までの制度では、社員自身が住居を探すための仲介会社、引越会社を探してましたが、リロネットを使うことで一つの窓口で完結できたので、決めやすくなったと言っていました。仲介会社を自分で探して物件紹介をしていただこうとすると各社へ一から説明することになりますが、リロネットだと事前に弊社の規程を仲介会社へご案内いただけている状態からの物件紹介のため、社員の手間も減っているかと思います。
異動する社員は、店舗での引継ぎ業務や通常業務の合間を縫って、住居や引越の手続きを行うため、より、社員のサポートを実施できる仕組みや制度があれば、導入したいと考えております。

まとめ

リビングハウス様のご検討は、手当支給の運用を社宅制度へ変更することをきっかけに開始され、営業担当者の対応がスムーズでスピード感をもった依頼ができる点を評価いただき、「リロの社宅管理」を導入していただきました。
制度変更による会社・社員の社会保険料負担を節減でき、その削減分を委託費用の原資に充てられた点も導入を後押ししたと伺っています。
また、多数の取決め項目に基づく導入プロセスの手厚さや仕組みに対し、初めて社宅管理をアウトソーシングするお立場でも安心して依頼できたことや、導入後に、社宅業務の工数削減、従業員の負担軽減、効率的な業務進行が実現できたことについて、お喜びいただいております。

商品紹介

株式会社リビングハウスは「心ひろがる世界に住もう。」をコンセプトに 全国で36店舗を展開する創業80年の家具・インテリアショップです。 「品のある混沌」をテーマに、1テイストだけでなくモダンからナチュラルまで幅広くご用意しており 理想をカタチにするだけでなく、お客様もまだ知らない未知に出会える暮らし方のご提案もしています。

オンラインストア:https://www.livinghouse-store.jp/

CONTACT

今の社宅運用体制に
満足ですか?
社宅管理の改善はリロにお任せください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~17:30
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
リロの社宅管理を
よりわかりやすく説明
pagetop