社宅について学ぶ

不動産会社の繁忙期と閑散期とは? それぞれの時期に物件探しを行うメリット・デメリットも解説

不動産賃貸業には繁忙期と閑散期があります。そのため、時期によって物件数や物件価格が異なります。特に社宅を提供している企業は、時期を考慮せずに物件を探すことによって「費用が高くなる」「希望する物件が見つからなかった」などの課題に直面する可能性があります。 また、従業員に貸与する社宅を探すうえで、「不動産の繁忙期と閑散期を知って、適切な価格で物件を借りたい」」、「不動産会社の状況や、社宅を導入している競合他社の動きを知ることで円滑な業務運用に役立てたい」と考える担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、賃貸市場における不動産(住宅・土地)のうち、賃貸住宅に関する繁忙期と閑散期、それぞれの時期に物件を探すメリット・デメリットについて解説します。

記事を見る

単身赴任に必要な家具・家電や費用を抑える方法

従業員が会社都合による転勤・出向で単身赴任をする場合、手当支給や社宅貸与などの住宅補助を行うのが一般的です。 しかし、従業員が自身で物件を借りる場合も、企業が社宅を貸与する場合も、家具・家電の運搬や購入などで労力とコストがかかります。 そのため、企業には従業員の負担を軽減するためのサポートが求められます。この記事では、単身赴任に必要な家具・家電や、費用を抑えるための方法を解説します。

記事を見る

【外部委託】社宅管理の代行方式と転貸方式の特徴と違い

社宅管理代行会社(以下、委託会社)のサービスには、大きく分けて“代行方式”と“転貸方式”の2種類があります。 どちらも企業の代わりに社宅を管理する点では似ていますが、細かい部分で違いが見られます。それぞれの特徴と違いを理解したうえで、自社の社宅管理業務の課題解決につながるようなサービスを選ぶことが重要です。 しかし、社宅制度を導入している企業の担当者のなかには、「管理業務が煩雑で外注したい」「サービスによって委託方式が違うのが気になる」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 この記事では、社宅管理における代行方式と転貸方式の特徴・違いについて解説します。

記事を見る

社宅制度の導入におけるマイナンバー収集の懸念点と対策

国民の利便性を高める目的で導入されたマイナンバー制度は、行政手続きの簡略化や本人確認書類としての活用など、幅広い用途があります。 個人的な利用だけでなく、社宅管理として行政機関へ提出する書類にマイナンバーの記載が必要なケースがあります。そのため、社宅管理の担当者は個人家主のマイナンバー収集・管理方法について理解しておくことが重要です。 この記事では、マイナンバー制度における社宅管理について、マイナンバー収集が必要なケースや収集時の懸念点、リスク対策を解説します。

記事を見る

社宅でのペット飼育を認める? “ペット可”にするメリットとデメリット

社宅制度を導入する際は、後々のトラブルを回避するためにも社宅規程を適切に定めておくことが重要です。 ペット飼育の可否についても、社宅規程で定めておくことが望ましい項目の一つといえます。 社宅管理担当者のなかには、「社宅でのペット飼育はできるのだろうか」「ペット可にした場合のメリットとデメリットを知りたい」とお考えの方もいるのではないでしょうか。 この記事では、社宅におけるペット飼育の可否やペット飼育を認めるメリットとデメリットについて解説します。

記事を見る

CONTACT

今の社宅運用体制に
満足ですか?
社宅管理の改善はリロにお任せください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
リロの社宅管理を
よりわかりやすく説明

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧