社宅について学ぶ

社宅契約時の賃貸借契約書で気をつける4つのポイント

賃貸借契約書は、物件の貸し借りを締結させるために取り交わす契約書で、物件の基本情報・付属品・契約期間・賃金・更新料・解約通知の期日などの内容が記載されています。 貸主と借主が直接やり取りするのではなく、不動産会社を仲介して契約するのが一般的です。 法人契約で社宅を借りる際も賃貸借契約書を取り交わすため、「どのような点に気をつけたらよいか分からない」という担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、社宅契約時の賃貸借契約書で気をつけるポイントを解説します。

記事を見る

社宅制度の成り立ちと社宅を構成する要件について解説

社宅制度は福利厚生の一つであり、人材確保のためのアピールポイントとして導入する企業も少なくありません。 これまで経済状況や働き方の変化により、社宅制度の形は変わってきましたが、今後も変化する可能性があると考えられます。 そうしたなか、「社宅制度を導入したい」「社宅制度の成り立ちについて学びたい」と考えている担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、社宅制度の成り立ちと社宅を構成する要件について詳しく解説します。

記事を見る

社宅制度とは? 管理業務の課題はアウトソーシングの活用で解決!

社宅制度の管理業務には、契約や更新手続き、トラブル対応などの業務があり、社宅担当者の負担につながることも考えられます。今回は、社宅管理業務によくある課題やアウトソーシングを活用するメリット・デメリット、アウトソーシングサービスを選ぶときのポイントについて紹介します。

記事を見る

借り上げ社宅のメリットと社有社宅との違いを詳しく解説

会社の福利厚生の一環である社宅制度には、大きく“借り上げ社宅(借上社宅)”と“社有社宅”の2種類があります。 社宅制度は採用活動でアピールポイントとなり、従業員の満足度向上も期待できる制度です。しかし、それぞれの仕組みや特徴を把握していなければ適切な運用は困難といえます。 この記事では、借り上げ社宅の基本概要やメリット、社有社宅との違いについて解説します。

記事を見る

社宅とは? 種類や契約などの基本情報について解説

社宅は少子高齢化が進む日本において、求人募集の際に福利厚生の充実度をアピールできます。また、競合他社との差別化を図り、優秀な人材を確保する目的でも取り入れられています。 社宅制度を導入しようと検討している企業の担当者のなかには、社宅の種類や管理業務内容について詳しく知らないという方もいるのではないでしょうか。 この記事では、社宅の種類や原状回復負担、規程のつくり方など、社宅に関する基本的な情報をまとめて紹介します。

記事を見る

CONTACT

今の社宅運用体制に
満足ですか?
社宅管理の改善はリロにお任せください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
リロの社宅管理を
よりわかりやすく説明

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧