社宅について学ぶ

【社宅制度】役員社宅の2つのメリットと注意点

社宅は、従業員のみならず役員に貸し出すことも可能です。 役員に貸し出した場合は、会社と役員の双方にメリットがありますが、従業員に貸し出す場合とは異なる点があるため注意が必要です。 この記事では、役員に社宅を貸し出した場合の2つのメリットと注意点を解説します。 「社宅の導入を検討している」「役員に貸し出した場合のメリットと注意点を知りたい」と考えている担当者の方は、ぜひ参考にしてください。

記事を見る

社宅の火災保険は誰が負担する? 会社負担にする場合の注意点も解説

社宅を契約する際も火災保険に加入することで、入居している従業員が火災被害を受けた場合に補償を受けられます。 しかし、社宅管理の担当者のなかには、「火災保険料は誰が負担するのか」「会社が負担する場合は何に気をつけたらよいか」といった疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。 この記事では、社宅における火災保険の負担区分と、会社が負担する際の注意点を解説します

記事を見る

【社宅制度】普通借家契約と定期借家契約の違いを解説

借家契約は、主に“普通借家契約”と“定期借家契約”の2種類があります。契約内容はそれぞれ違いがあるため、社宅制度を導入する際は契約形態を理解する必要があります。 社宅制度の導入を検討している企業のなかには、「自社の社宅に適した契約形態が知りたい」「普通借家契約と定期借家契約の違いについて学びたい」と考えている担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、普通借家契約と定期借家契約の基本概要と、それぞれの違いを解説します。

記事を見る

社宅における光熱費の負担区分と会社負担にした場合の注意点

会社で社宅制度を導入する場合、毎月の支払いが発生する費用としては、賃金に加えて電気・ガス・水道などの光熱費があります。一般的に賃金は従業員と分担して負担します。 しかし、社宅管理担当者のなかには、「光熱費も分担し合うのか」「会社負担にしたら課税対象になるのか」「社有社宅の場合はどうなるのか」などの悩みを持つ担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、社宅の光熱費の負担区分と注意点について解説します。

記事を見る

社宅管理におけるライフラインの手続きを解説

社宅を管理する際は、入居・退去の手続きや契約書類の作成、給与控除処理など、さまざまな業務が発生します。そのなかでも特に重要なのが、電気・ガス・水道といったライフラインに関する手続きです。 ライフラインの手続きは入居する従業員自身で行う場合が多いため、担当者は手続きについて適切に説明するケースがあります。 この記事では、社宅管理におけるライフラインの手続きについて解説します。

記事を見る

CONTACT

今の社宅運用体制に
満足ですか?
社宅管理の改善はリロにお任せください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
リロの社宅管理を
よりわかりやすく説明

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧