catch-img

社宅管理代行会社の不満はリプレイスで解決! メリットと注意点を解説

社宅制度は、アパートやマンションなどを会社が借り上げ・保有して、従業員を住まわせる制度です。

社宅制度は従業員から喜ばれる福利厚生の一つですが、社宅の数が多くなると管理が煩雑になります。そのため、手続きや管理に関する煩雑な業務を代行会社へ委託しているという企業もあるのではないでしょうか。

一方で、社宅のトレンドや業界動向、システムや価格など社宅管理代行会社のサービス変化を確認したり、見直し検討したりする企業は多くありません。

業界全体としてシステムを中心とした提供サービスに差が開きつつあるため、社宅管理代行会社のリプレイス(管理会社変更)を一度検討することをおすすめします。

この記事では、社宅管理代行会社をリプレイスするメリットと注意点について解説します。


目次[非表示]

  1. 1.社宅管理代行会社への不満
  2. 2.社宅管理代行会社をリプレイスするメリット
    1. 2.1.①管理の質が上がる
    2. 2.2.②残存業務が減る
  3. 3.社宅管理代行会社をリプレイスする際の注意点
  4. 4.まとめ



社宅管理代行会社への不満

社宅管理の業務は入居申込、物件の選定、入居者対応、原状回復見積もり確認・査定精査など多岐にわたるため、社宅管理代行会社へ委託する企業もあります。

さまざまな理由から、現在の委託先の社宅管理代行会社に満足できない場合には、新たな委託先を慎重に検討することが必要です。

また、不動産業界は日々変わり続けるため、適切なソリューションを受けられないなども、不満になる要因といわれています。具体的な不満を解消するためにも、一度業務全体を棚卸しすることが重要です。

しかし、棚卸しには社宅業務を150項目以上に細分化する必要があり、客観的視点による整理など、見直しを検討すること自体にも時間と労力がかかります。


また、こちらでは社宅管理の主な業務内容のほか、外部サービスに委託するメリットや注意点を詳しく解説しています。併せてご覧ください。

  社宅管理を委託するメリットとサービスを選ぶ際の注意点について解説 社宅管理は、入居する従業員が過ごしやすくするための重要な業務ですが、管理業務の内容は多岐にわたるため、担当者の負担になるケースもあります。 そのような際、社宅管理にかかる業務を委託することで、負担を抑えることができます。 この記事では、社宅管理の主な業務内容のほか、外部サービスに委託するメリットや注意点を詳しく解説します。 リロの社宅管理│業務削減効果90%以上のアウトソーシングサービス



社宅管理代行会社をリプレイスするメリット

社宅管理代行会社に不満がある場合は、リプレイスすることで解決できることがあります。

ここでは、リプレイスするメリットを2つ解説します。


①管理の質が上がる

不満がある社宅管理代行会社をリプレイスすることで、業務フローや使用システムが刷新されるため、管理の質が上がります。

優良な社宅管理代行会社では、管理業務のボトルネックを追求した業務フロー自体の改善や、使用する管理システムのアップデートが日々行われているため、スピーディで的確な対応が可能です。そのため、社宅管理の担当者は、社宅管理を安心して一任して、自身のコア業務へ専念することが可能になります。

また、物件の貸主や不動産管理会社など、関係者が多い社宅業務において、企業の社内ワークフローにとどまらない専門的なシステムを導入することで、従業員や社宅担当者の業務負荷を削減できます。その結果、従業員の満足度向上にもつながります。


②残存業務が減る

社宅管理業務の棚卸しを実施して、業務フローを改善することで残存業務の軽減を実現できます。

社宅管理業務は、賃貸借契約の手続き、退去時の原状回復の見積もり作成、入居者や不動産会社の対応など、業務が煩雑です。支払調書や決算資料の作成なども含めると、事務作業はさらに増えます。

そのため、単一作業の効率化を実現できたとしても、業務フロー全体を俯瞰して、断捨離できる業務を追求することは容易ではありません。社宅管理代行会社のリプレイスをすることで、業務委託範囲を拡大したり、業務フローの棚卸しや見直しを依頼したりなどのソリューションを受けることができます。



社宅管理代行会社をリプレイスする際の注意点

社宅管理代行会社をリプレイスする際は、以下の点に注意することが大切です。


▼リプレイスする際の注意点

自社の管理について
  • 社宅業務の棚卸しを実施する
  • 業務委託範囲の拡大や、業務フローの改善により、断捨離できる業務がないかを追求する
  • 複数社を比較する
社宅管理代行会社の管理について
  • 管理スキームや契約形態を確認する
  • 価格だけではなく、対応業務の範囲や業務フロー、システム面、リスクの観点を確認する
  • 自社のニーズに合っているか確認する


社宅管理代行会社はそれぞれで異なるサービスを提供しているため、複数社を比較・検討することをおすすめします。

また、価格だけで選ぶのではなく、費用対効果を考えながら、将来にわたって安心できるパートナーを選定することが大事です。システム投資開発への姿勢や安定したソリューションの継続提供は、利用する従業員の満足度向上に影響があるため、確認することが重要です。


なお、こちらでは社宅管理における代行方式と転貸方式の特徴・違いについて解説しています。併せてご覧ください。

  【外部委託】社宅管理の代行方式と転貸方式の特徴と違い 社宅管理代行会社(以下、委託会社)のサービスには、大きく分けて“代行方式”と“転貸方式”の2種類があります。 どちらも企業の代わりに社宅を管理する点では似ていますが、細かい部分で違いが見られます。それぞれの特徴と違いを理解したうえで、自社の社宅管理業務の課題解決につながるようなサービスを選ぶことが重要です。 しかし、社宅制度を導入している企業の担当者のなかには、「管理業務が煩雑で外注したい」「サービスによって委託方式が違うのが気になる」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 この記事では、社宅管理における代行方式と転貸方式の特徴・違いについて解説します。 リロの社宅管理│業務削減効果90%以上のアウトソーシングサービス



まとめ

この記事では、社宅管理代行会社のリプレイスについて、以下の項目を解説しました。


  • 社宅管理代行会社への不満
  • 社宅管理代行会社をリプレイスするメリット
  • 社宅管理代行会社をリプレイスする際の注意点


煩雑な作業が多く手間がかかる社宅業務は、社宅管理代行会社に委託することで負担軽減につながりますが、さまざまな不満を抱えるケースもあります。

社宅管理には”代行”と”転貸”の管理スキームがありますが、企業の社宅業務の棚卸しを実施して、最適な管理スキームを導入することがリプレイスのポイントです。

リロケーション・ジャパン』は、業界水準を上回る業務削減効果を実現する”代行”方式と、弊社が借主となり企業は包括契約を結ぶだけの”転貸”方式を採用しています。業務を削減するのではなく、業務を発生させないという視点に基づいたソリューションをご提案します。

20年以上にわたるサービス提供実績とその経験を活かして、お客さまの要望に応えるシステム開発を続けており、大手企業から中小企業まで1,000社以上の取引実績があります。詳しくは、こちらをご確認ください。

社宅管理サービス 借り上げ社宅
​​​​​​​

インボイス制度ページ


お役立ち関連資料


人気記事ランキング


最新公開記事